静岡市東海道広重美術館

江戸のそら -広重の浮世絵に見る気候表現-
職人ワザ -浮世絵を支える彫りと摺り-

会期:2019年2月5日(火)-2019年3月31日(日)

Part 1:2月5日(火)-3月3日(日)

Part 2:3月5日(火)-3月31日(日)

江戸のそら -広重の浮世絵に見る気候表現-
名所絵師として名を馳せた歌川広重は、特に季節のうつろい・天候の変化・時間の経過などを効果的に作品に取り入れ、高い評価を得ました。移り変わる空の表情を巧みに切り取った作品は、現代に暮らす私たちにも浮世絵に描かれた江戸時代の雰囲気を伝えてくれます。
浮世絵に描かれた様々な「そら」と、その下で暮らす江戸時代の人々の様子をお楽しみください。

同時開催:職人ワザ -浮世絵を支える彫りと摺り-
時流を読んだ版元の企画により出版されていた浮世絵版画は、絵師・彫師・摺師、それぞれの職人たちによる分業制で作られていました。美しい浮世絵版画を完成させるためには、絵師の技術だけでなく、彫師・摺師の技術も不可欠なものです。しかし、作品に名を残す絵師に比べると、彫師・摺師は名前があまり表に出ない、縁の下の力持ちでした。
本展では、浮世絵版画制作を支えた彫師・摺師の技術についてご紹介いたします。

住所
静岡市清水区 由比297-1
ホームページ
電話番号
054-375-4454
クライアント様へ
商品・サービスに対してのお問い合わせ・お取り引きは、こちらの入力フォームよりお問い合わせください。
弊社を通じて安全・安心なお取り引きをお繋ぎします。

お取り引きに関しての利用規約はこちらをご覧ください。

© EIKOSHA All Rights Reserved.