静岡市東海道広重美術館 企画展情報

日本遺産認定記念
静岡市東海道広重美術館・由比本陣施設【共同連携企画】

弥次喜多と行く 東海道五十三次

会期:2021年9月14日(火)~11月14日(日)
Part1: 9月14日(火)~10月 17日(日)
Part2:10月19日(火)~11月14日(日)

弥次郎兵衛と喜多八を主人公に二人の珍道中を書いた十辺舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』は享和二年(1802)の初編刊行から続編も含め、21年にも渡り書き続けられた長編の大ベストセラーです。この膝栗毛のヒットは江戸時代の旅ブームの火付け役となり、人々の旅への興味関心の高まりは後の広重の浮世絵版画「東海道五十三次」へと繋がっていきます。
本展では広重が手掛けた二つの東海道シリーズ、『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)と『東海道』(隷書東海道)の浮世絵版画と共に膝栗毛の物語をたどっていきます。弥二さん喜多さんとともに江戸時代の東海道を旅してみましょう。
※各会期で絵画作品は全点展示入替があります。

住所
静岡市清水区由比297-1
ホームページ
電話番号
054-375-4454

© EIKOSHA All Rights Reserved.