静岡市東海道広重美術館

命の火・命の水

会期:2019年4月2日(火)-6月9日(日)

Part1:4月2日(火)-5月6日(月)

Part2:5月8日(水)-6月9日(日)

スイッチ一つで簡単に手に入れることが出来る現代でも、ライフライン“命綱”として重視される火と水。江戸時代にはガス管や各家庭で蛇口を捻れば出るような水道、電線といったものは通っておらず、火や水の確保は生きる上で最も重要な条件でした。本展では街道画を中心に浮世絵版画に描かれた“火”と“水”の作品をご紹介します。明かりとしての“火”や暖をとる“火”、飲用の“水”に清潔さを保つための“水”。江戸時代の人々の生活とともにある“命の火・命の水”をご覧ください。

住所
静岡市清水区 由比297-1
ホームページ
電話番号
054-375-4454
クライアント様へ
商品・サービスに対してのお問い合わせ・お取り引きは、こちらの入力フォームよりお問い合わせください。
弊社を通じて安全・安心なお取り引きをお繋ぎします。

お取り引きに関しての利用規約はこちらをご覧ください。

© EIKOSHA All Rights Reserved.